日本テコンドー協会加盟
「素心」「競和」を目指すテコンドー
JTAテコンドー岡山・神戸道場



JTA
指導理念
道場案内
蹴美
大会
ブログ


○JTA日本テコンドー協会

   JTA七大精神

   JTAのありかたと方針-素心の武道場  宗師範 河明生


 JTAの道場のありかたについて述べます。私は、JTAは 「素心の武道場」を目指すべきだと考えております。

 「素心」とは何か。「素心」とは、陶淵明(とう・えんめい、 365~427、『桃源郷』の語源となった詩を詠む)の詩を語源としております。

 陶は、不正腐敗・私利私欲の俗人に悩まされ、度々官職を辞し、貧しいながらも 晴耕雨読の隠遁生活を志していました。やがて陶は南村という田舎に引っ越し、 次のような詩を詠みました(訳・河)

  昔欲居南村(昔、南村に住みたいと欲したのは)
  非為ト其宅(占いによるものではない)
  聞多素心人(ここには素心の人が多いと聞き)
  楽輿数晨夕(ともに楽しく暮らしたいと思ったからだ)
  懐比頗有年(長い間、考えてきたが)
  今日従慈役(今日、それがかなった)    <以下、詩を省略>

 安岡正篤(在野の漢文学者、「平成」元号創始、故人)によれば、
「人間の心はもともと純真なものですが、名利を追うに連れて汚れに染まり、 欲望や野心からさまざまな色がついてきます。そんな汚染や着色を嫌って、 本来の純真に返った心のことを 中国の詩人陶淵明は素心を呼んでいます。」 (塩田潮『昭和の教祖安岡正篤』文藝春秋、189p)

  <続きは コチラ から…>


○岡山・神戸道場

 岡山・神戸道場では テコンドーの「蹴美」
 そして「競和」を目指します。

 「競和」とは、他を否定して勝つ喜びより、 他と共に成長し、自己実現していく歓びを求める哲学です。
(竹川信彦著『相手を活かす競争の原理』風詠社)

 試合の勝敗や、蹴美のレベルなど、他人と比べることで 自分を肯定または否定することは、 大きな成長は望めないのではないでしょうか。

 対立し足を引っ張り合うよりも、お互いを認め合い、仲間みんなで切磋琢磨。 共に良い汗をかき、、共に成長していくことこそ テコンドーの存在意義があるように思います。

 テコンドーを通じ、自他共に肯定し、 成長する「競和」の精神を実践していくことが、 岡山・神戸道場の目標です。

 「岡山&神戸テコ家族のブログ」テコ哲学『競和』




  あなたも華麗な蹴りの名手になれます。   JTA会員の声Blog  
旧岡山県テコンドー連盟ウェブサイト  旧兵庫県テコンドー連盟ウェブサイト



© 2003~15 All contents produced by sno special thanks to tkm
inserted by FC2 system